家具の仕事

2013年1月22日 (火)

超久しぶりの更新です!!

めちゃくちゃ久しぶりの更新です、、、

久しぶりになかなか手応えのあった現場のお話しです!!

先ずは現場実測の様子から。分かりにくいかもしれませんが
パノラマじゃなければ収まりきれないのでご容赦を。



Img_8854_2

壁がRなので型板を作ってきて合わせています。
壁にあわせて返り墨を書いています。これが肝心です。

実は途中でRが変わっているのでやっかいですが

腕の見せ処でもあります!

Img_8310

Img_8851_3

配管もありますから上手く避けないといけません。

いきなりですが完成写真はコレです!

右サイド。

P1070231_2

中央部分。吊戸棚は苦労しました。。。

配管も綺麗に隠しました。

P1070233_3

左サイドです。
P1070234_2

この部屋の外壁には雑誌架、これまたR!
P1070226

そして,こちらもなかなか痺れます!

Img_9117

ぐるっと1周に亘ってカウンターをセットします。

床が螺旋状になっている上に外側に向かって傾斜してます。。。

Img_9116_3

こうなると測りようもないので図面寸法を信じて、想定出来得る限りの

逃げをつくっておいて、後は現場に合わせていくしかありません。

こちらからもいろいろなアイデアを出して製作しました。

そして完成!

P1070220

とても学校とは思えませんね。

こちらはアクリルの仕切り板付きです。

P1070237_3

正面のアクリルも曲げました。

これもやはりRの壁面です。

P1070240_2

よく見るとまっすぐなモノがないですね、、、

P1070219_2

P1070235

唯一の直線モノです!
P1070235_2

とても面白い仕事でした!!

オーダー家具・特注家具なら日信装備

P1070234


P1070233_2



P1070233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

Eamesイームズの丸テーブル

最近は以前ほど売れなくなっているイームズ

の丸テーブルですが、久しぶりに出来上がった

製品を見ると、素晴らしいデザインであることを

しみじみ感じます。

ナンテコトない感じなんだけどね、、、

P1070104


天板はウォールナットで黒のビニールエッジ巻き

そしてアルミバフ仕上げの脚!

カッコいい!!

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

永年勤続表彰式2011

先週、東京都家具工業組合の毎年の恒例行事

の永年勤続表彰式(正式には優良従業員表彰式)

があり、弊社からは去年の伊東、薬袋に続き、5年

勤続で星合、太田の2名が表彰されました。

P1060961

8年目、塗師屋の星合。いつもきれいにお化粧してくれてます!

P1060962_2

7年目、萬屋の太田ことユウスケ!

Pc073213

こんな感じで表彰は続きます。

真ん中が山口千絵子理事長です!

因みに私は司会進行やってます。。

P1060963

tobiでお世話になっている東京商工会議所の

安嶌部長の懇親会でのご挨拶

Pc073275_2

最後にパチリ

これからも頼みますよ!ご両人^^

最後は組合&tobiの広報担当クレシード社の未来の

部長のK山君!体重はすでに部長級ですけど、、、

P1060966


表彰者の皆さんはその会社の宝であるのはもちろん

組合、業界のでもあります。

おめでとうございます!そしてありがとうございます。

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

新たな挑戦開始!

今年のtobiの新作でウチは椅子に挑戦することになった!!

同じ木工と言えども、椅子の木地を造るということは

全く違うもので、一朝一夕に出来るものでも決してない。

もうかなり前から、中国をはじめとするアジアに押され

国内、とくに東京近辺の椅子の木地屋さんは年々減り

続けている。要は椅子だけでは商売が成り立たないのだ。。。

これはtobiだからこその挑戦ではあるし、椅子でやって

いこうなどと大それたことを考えているわけではないけれ

ど、いつかは椅子をやってみたいと想っていたのも事実

である。

とは云うものの、見よう見まねで造れる筈もなく、どなたかに

教わらなければいけない。そこで以前からお付き合いのあった

酒井さんに教えていただくことになった。

家具と椅子の加工でもっとも違うのは、家具は基本的にカネ場

つまりほとんどの部分が90度になっているのに対し、椅子はほ

とんどカネ場のところがないということである。そして人間の体

に常に触れているのであり、間違っても壊れてはいけないモノ

である。

酒井師匠です!(実はトライアスリート!!)

P1060813

部材は当たり前のように曲がってます。

P1060815

ホゾも当然複雑です!

P1060812_3

90度に組むことしかやってこなかった家具職人に

とってはまさに未知の世界、、、どうやって組むんだろう、、、

宮本茂紀御大曰く『適当にやんのさぁ!』っておっしゃる

意味がなんとなく分かる気がする。。

酒井師匠も『大丈夫、コツさえ分かれば、あなたたちも

木工のプロなんだから出来るようになるよ!!

柔軟な発想と基本の組み合わせがあってこその仕事。

原寸が描けて、ホゾの加工ができるようになれればと、、、

まぁ間違っても簡単にはできるようにはならないだろうけど

挑戦しがいのある仕事だし、ウチの職人も知ってて損は

ないし、何れは出来るようになって欲しいと切に願う!!

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

朝から積み込み!

今朝は突貫で製作していた

とあるホテルのビュッフェカウンター

を出荷しました。

P1060801

連結すると全長約37mほどになります。

P1060802

くねくねとへの字に曲がりくねります。

P1060804

TOPは人工大理石で現場での施工になります。

P1060805

現場作業がまだ結構あるので、完成までは道半ばですね、、、

P1060808

わかりにくいかもですが、図面はこんな感じです。

P1060807

積み込み中です。

後は松生さん、宜しくお願いいたします。

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

結構な大物やってます!

今ちょうど結構大きな家具を製作してます。

20110906_009

何だと想いますか?階段状のベンチです!

20110906_012

6連結(間口は約13mあります)になっていて、仮組み

しているところです。もちろん背中側も見えます。

仮組みとは云うものの、実はちゃんと組み立てるのです。

当たり前のことですが、そうしなければ現場でちゃんと組

み上げることは出来ないからです。現場では工場でやった

ことを再現するだけなのですが、それでも何が起こるか分

からないのが現場です、、、

一部を後貼りにして、中に職人がもぐって連結します。

白いところには現場で塩ビシートを貼ります。

シート貼るからこそ、下地が勝負なんですね!

現場での納まりは後日お見せできると想います!!

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

たまには稲城工場の様子をご覧頂きましょう!

残暑、酷暑の中、工場は元気に稼働しています。

それにしても暑いですね、と云ってるそばから汗、汗

なんですが、、、

早速、工場の様子をお見せいたします。

20110819_007

ホワイトアッシュの天板の塗装中です。アテ木を付けた

サンダーで研磨します。ニシザキ工芸さんのブログにも

あるように、如何に平らに研ぐかが勝負です!

20110819_008

☆合キレイに頼むよ!!

20110819_009

こちらは脚。無垢材なので色調整するかどうか

悩ましいところ、、、

20110819_011

こちらは明日嫁入りの家具達。

外資系のオフィスでホワイトウッド材仕上げで

とてもキレイ !

20110819_010

20110819_013_2

抽斗箱

4月に納めて以来2回目の追加注文。とてもありがたいことです。

20110819_012

こちらは来週出荷のメラミンの収納棚。

こちらも外資系オフィス。

20110819_015

キッチンカウンターキャビネット。

20110819_014

こちらは梱包してしまいましたが、天板の再塗装

を依頼されたもの。今日出荷です。

20110819_017

これは来週納品の天板。

分かりにくいと思いますが、右側はウォールナット。

ウチはとてもキレイな木目のウォールナットを使ってます!

20110819_018

天板(板もの)専用の台車。工場でも現場でも

大活躍します!!

20110819_019

こちらは天板とセットの幕板。

20110819_016

今、製作中の家具の部材です。かなりの数モノです。

日々いろいろな仕事、品物を造っていますが

仕事が仕事を呼んでくれるようにちゃんとした品物を

お届けするよう心掛けております。

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

いいですね!!

何年振りかで倉庫から出してきた

お宝の材料です。

2011210_011

そうです、ローズウッドの厚突の単板です!

2011210_013

長さは約3.5メートルほどの板目です。

多少の曲がりはあるものの、ローズらしい紫色がキレイな

なかなかの材です。

久しぶりに見たけれど、迫力が全然違います。

やっぱり、いいですね~!

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

研ぐ

食えない宮大工を食えるようにという思いで

『鵤工舎』を立ち上げ、多くの宮大工を育てた

小川三夫さんの言葉を久しぶりに読み返した。

「研ぎは全ての基本です。自分で研いだ、良く

切れる刃物があれば、その刃物を十二分に生

かしたい、いい仕事がしたいと思うようになる。

研いで研いでいくと、だんだん嘘がつけなくなっ

てきます。法隆寺を作り上げた飛鳥の建築技術

はその後受け継がれず、途切れてしまいました。

でも1300年後、昭和の解体修理の時に、西岡棟

梁という人が『飛鳥の工人はこんな思いで、こんな

方法で作ったのか』と読み取ったからこそ復元できた。

もの作りとは、作ったものが歴然と残るわけです。

後の世となっても、見る目を持った人には必ず本物

の技術は伝わる。だからこそ常に道具を研ぎ、嘘や

偽りのないものを精一杯作っておくことが大事なんです。」

木工に携わる者、これから携わろうという人にはこちら

も是非読んでもらいたいと想う。

法隆寺へ行こう!

こちらも

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

見てるだけでも、楽しい!

今ちょうどNCルーターで加工している。

何度見てもついつい見とれてしまう。

機械が自在に動く様子と正確に部材が切削

されていくのを見てるだけでとても楽しい!

Nc2010122422

先ずはバンドソー(帯鋸)で粗取りした部材を定盤にしっかりと

固定します。ルーターは力が強いのでここが大事なポイントです。

Nc2010122418

いざスタート

Nc2010122419

1回目。一度には切削は出来ませんので何回かに分けて

徐々に削ります。

Nc2010122427

2回目

Nc2010122426

3回目

Nc2010122425

4回目

Nc2010122417

仕上げの切削をして内側が終了。こちら側が天板との

接着面なので、肌をキレイに切削しておかないとちゃ

んと接着出来なくなるので、一番重要なのです。

次は外側の切削

Nc2010122415

こんどは内側から固定します。

Nc2010122412

先ずは1回目。その後3回で基準面の切削完了。

次は面取り切削

Nc2010122424

Nc2010122402

4回目、そして仕上げ切削をして

Nc2010122401

完了です!!

精度の高さと作業時間の短さなど、NCの利点を挙げれば

キリがないのですが、ウチにとって特にいいのは、安全であ

るということとNCが稼働している間にその職人が他の作業

が出来るということだと想う。

僕らのような特注家具の製作においても、いままで手加工

に頼っていた作業をいかに機械化していくかが現代の職人

の課題のひとつであるのは間違いない。もちろん手加工での

基本的な理屈を理解していることが、大前提であるのだけれど。。

これはオマケですが、、

Nc2010122404

NC用の集塵のダクトが刃物に合わせて一緒に動くので

どうしようかと悩んだときに、天井にカーテンレールを付

けて動くようにしたらどう、っとワタシが考えたアイデアな

のです。(大したことでもないのに自慢してしまいました。。)

やっぱ、ものづくりっていいなぁ!

楽しくて仕方ないよね^^

オーダー家具・特注家具なら日信装備

| | コメント (0) | トラックバック (1)